自動車税は全額還付 廃車買取専門
ビッグエイト

自動車税が未納・滞納の場合の廃車手続き

自動車税は、廃車してから分割で納付できます。

自動車税は決して安い金額ではありません。
2000ccの場合で39,500円の納付書が5月頃送付されてきます。
1年滞納してしまうと、2年分79,000円を納付しなくてはなりません。
それを気にして陸運局での手続きを躊躇される方はいませんか?
自動車税の未納が今年度分のみの場合、2年以上の滞納がある場合で対応の方法が異なります。

自動車税の未納が今年度分のみの場合

以下の流れで自動車税をお支払いください。

Step1陸運局で抹消手続き Step2自動車税事務所から未払い分の請求 Step3自動車税の支払い

何月に廃車したかで自動車税の支払い金額が異なります。
例えば、2000ccの車を10月に廃車した場合、自動車税の支払いは4~10月の7カ月分のみです。
年税額39,500円から還付金16,400円を引いた、23,100円が納付金額になります。
手続きが翌月になると、その分、納める金額が多くなります。
なお、軽自動車は何月に廃車しても納める金額は同じです。


本年度の自動車税が未納でも廃車できます
抹消手続き終了後、約1~2か月後に、自動車税事務所から未払い分の納付書が、印鑑証明書の住所に送られてきますので、その時点でお支払いください。
また、自動車税の納付金を一括で払えない場合は、自動車税事務所に電話し、分割で納付する交渉をしてください。

自動車税の滞納が2年以上の場合

自動車税の滞納が2年以上の場合、「嘱託保存」という措置が取られ、滞納している税金を払わないと、抹消手続きができない場合があります。
この場合は、「印鑑証明書等廃車手続きに必要な書類が揃わない場合」と同様に、

  1. 車 を弊社で解体し、解体報告日を発行
  2. 自動車税事務所に申請して自動車税の課税を止める
  3. 自動車税事務所に滞納分の支払いの方法を相談
  4. 一括又は分割で滞納金を納付
  5. 全額納付後、「嘱託保存」が解除
  6. 陸運局での抹消手続き

という流れになります。


また、自動車税を滞納して一定の年数を経過すると、税金の請求が来なくなることもあります。
これは自動車税事務所が請求を「保留」しただけであり、滞納の記録は残り続けます。
滞納した自動車税を分割で支払うことはできますので、自動車税事務所に相談されることをお薦めします。
ただし、支払いが終わるまで嘱託保存抵当はついたままです。


弊社では廃車でも、車両本体価格を4,000円以上(※)で買取りしています。
お持込みやお引き取り時に現金でお支払いしますので、自動車税の支払いに充ててください。

※「車両本体価格」以外に抹消代行手数料やお車の移動料金が別途費用として発生します。

メールお見積もりフォーム

お名前 *
お車の駐車場所 *
メールアドレス *
車名 *
その他車名:
陸運の抹消手続 *   
お車の移動方法 *   
車検の有効期限 *
車検証で有効期限を確認
年式* 車検証で年式を確認
お車の状態 *   
  
車検証上の所有者 *
廃車予定日  ※おおよそで構いません
●オーディオ・ホイール・ナビ等のお見積もりは、傷の有無、型式、使用年数等をご入力ください。
●故障車・事故車の場合はお車の状況を分かる範囲でご入力ください。
備考欄
残り500文字


※1日以上返答がない場合はメールアドレスの入力間違いが考えられます。
お手数ですが、再入力又は ・お電話(0120-396-813)にてお問合せください。

お客様の個人情報は弊社からの情報提供のみに利用いたします。
詳しくは個人情報の取り扱いをご覧ください。