不動車の廃車費用

廃車買取り・手続き・引取り専門店 ビッグエイト
フリーダイヤル 0120-396-813

平日 9-18時 / 土曜日 9-15時 / 日・祝 休み

お見積もりフォーム LINE無料査定

不動車とは

不動車や事故車という言葉を知っていても、それぞれどういった状態なのかご存知でない方もいらっしゃるかもしれません。
不動車と事故車は混合されがちですが、大きく異なる点があります。
今回は不動車に焦点を充てて、不動車の状態と処分の方法についてご紹介します。

不動車と事故車は何が違う?【不動車の処分方法ご紹介】

不動車とはどんな状態?

不動車と事故車の違いや、代表的な不動車の状態をご紹介いたします。

不動車と事故車の違い

不動車の「不動」とは何らかの事情により「自走できない状態」を意味します。見た目に問題がなくても、何等かの部品トラブルでエンジンがかからないのが特徴です。

一方、修復歴のある車や修復が必要な車を事故車と呼びます。軽度の修理なら修復歴として残らないケースもありますが、「修復歴が残っている=大きな事故を起こした」と判断されやすいことから修復歴のある車は事故車と判断されます。事故車は外部から判断しやすいのが特徴です。外観の損傷が激しく、また内部も故障して動かない車は不動車かつ事故車となります。

代表的な不動車の状態

不動車のイメージ
<エンジンがかからない>

不動車としてイメージされる代表的なパターンに「エンジン部分に問題を抱えていて動かない車」があります。数年単位という長い間エンジンをかけず、またメンテナンス等を怠っていればゆくゆくは不動車になってしまいます。

<車検切れ>

車そのものにはトラブルがないものの、車検切れによって走ることができない車も不動車に含まれます。車検切れの車が公道を走ると法律違反になるので決して走らないようにしましょう。
また、早く抹消手続きを行えば自動車税の還付金を受け取ることができ、また、納税義務は抹消手続きした時点で止まります。

<修理をしていない>

修理をすれば動くけれど、修理をしていないので走れないという車も不動車になります。
バッテリー切れや消耗品を交換すれば動く場合でも、修理が完了して動くまでは不動車として扱われます。
修理をしないまま長期間そのままにしてしまうと、修理箇所以外の部品も劣化していきます。

不動車にはどんな処分方法がある?

不動車の処分方法をこちらで3つご紹介いたします。

不動車の廃車手続きを自分でする

自分名義であれば不動車であろうと走れる車であろうと廃車処分を行うことができます。
廃車手続きをするということは永久抹消登録をするために車の解体が必要です。つまり解体業者に連絡して引き取ってもらうことになりますが、不動車は自走できませんので輸送車の手配が必要になります。業者によってはレッカー費用が発生しますので初めに確認しておきましょう。廃車手続きは普通自動車であれば運輸支局、軽自動車であれば軽自動車検査協会で行います。

不動車の下取りをしてもらう

ディーラーは新車購入のための下取りをしますが、中古車買取業者の場合は廃車を前提とした買取となります。中古車買取業者に依頼すると状態によっては査定額が付かないこともあります。ですが廃車手続きを代行してもらえるので自分で処分をするよりもスムーズです。

不動車の買取をしてもらう

不動車の買取を専門に行っている不動車専門買取業者や解体業者も引き取り可能です。
車全体ではなくパーツの一つひとつに価値を見出すため、まだ使えそうなパーツがあれば不動車でも値段を付けてもらえます。ただし、長期間経過した不動車ですと、使えそうなパーツでも、それを必要とする車が少なくなり買い取れないケースが増えてきます。
また、市場価値から廃車にした方が良いか修理して再利用した方が良いかという専門的なアドバイスをしてくれる業者もあるので、処分に迷ったときは業者に相談してみるのもおすすめです。廃車手続きを代行してくれる業者も多いのが特徴です。

不動車を放置することで起こるデメリットやトラブル

不動車の廃車処理が面倒で放置…なんていうことは絶対に避けましょう!
最後に不動車を放置することで起きるデメリットをご紹介します。

保管にもコストがかかる

不動車を処分しなければ保管スペースという物理的コストが生じ、名義を抹消しない限り毎年自動車税が発生します。また放置を続けることで損傷や劣化がどんどん進み、修理では解決できなくなるレベルまで至ってしまいます。
完全に故障してしまうと車自体の売却価格が大きく下がってしまうので、できれば早めに処分をしておきましょう。

路上に放置すると罰則対象に

不動車を路上に放置していませんか?
不動車を路上に放置する行為は不法投棄にあたり5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金が科せられます。路上放置は事故の原因になることもありますので安全の面からいっても路上放置はしないようにしましょう。

犯罪に巻き込まれるリスクがある

動かした形跡がみられない車は所有者にあまり気をかけてもらっていないと判断されやすく、車上荒らしの対象となってしまいます。「車内に盗られて困るようなものを置いていないから大丈夫」と思うのは非常に危険です。車両に放火されてしまうと賠償問題に発展するかもしれません。犯罪に巻き込まれるリスクをなくすためにも不動車の放置は避け、早急に処分をしましょう。

不動車を放置するとコストがかかるだけでなく犯罪リスクも高まります。
もし自分の放置した車が原因で誰かが犯罪に巻き込まれるなんて想像するだけでも嫌ですよね。不動車を所有しているなら手遅れになる前に早めの処分をおすすめします。

不動車の廃車費用

事故や故障で車が動かなくなった場合に別途の廃車費用が発生する場合と、発生しない場合があります。
基本的に当社の積載車が入れるだけの広さがある駐車場で、車の4輪が回れば別途料金はいただきません。

不動車でも移動料金が無料のケース

バッテリー上がりの場合

バッテリー上がりの写真

以下の場合は別途料金は発生しません。

  • 弊社が用意したバッテリーでエンジンが始動する。
  • オルタネーターが故障しているお車で、弊社のバッテリーで数十メートル程度の自走が可能。

弊社で用意したバッテリーでエンジンがかからない場合は、別途料金が発生します。料金をいただくケースに該当するかどうかは、現地で弊社が判断しますので、事前のお見積りと異なる場合があることをご理解ください。

積載車と不動車が一直線に並ぶ場合

積載車と不動車が一直線に並ぶ図

エンジンがかからない場合、積載車のワイヤーで、お車を荷台に乗せます。
ワイヤーの長さは積載車の一番後ろから5m程度と限りがあるため、
不動車のすぐ前に積載車を止めます。

積載車と不動車の間に充分な作業スペースが“ある”場合

積載車と不動車の間に充分な作業スペースがある図

不動車と積載車が一直線に並ばなくても、左の図のように、
充分なスペースがあり、隣の車との間隔が1m程度あれば
別途料金は不要です。

積載車と不動車の間に充分な作業スペースが“ない”場合

不動車と隣の車との間に充分なスペースがない図

左の図のように、不動車の前に充分なスペースが
取れない場合、隣の車とは約4m以上の間隔が必要です。

※引取り当日だけでも、隣の車を別の駐車場に移動して、
間隔を空けていただくと別途料金がかかりません。

車を手で押せる場合

下記の条件でしたら、不動車を手で押すことが可能ですが、
この条件のどれか1つでも欠けますと、手で押しての移動は難しくなります。

手で押せる車の写真
  1. 地面がコンクリート又はアスファルト(砂利は不可)
  2. タイヤの空気抜けがない
  3. 弊社のトライバーの他に、車を押せる男性が1名以上いる
  4. 車の移動距離は10m以内(坂道は不可)
  5. 車両重量1500kg以下
  6. 女性の力でも)ハンドルが左右に普通に動く
  7. シフトロックが解除されていること
  8. 車両の未使用期間が1年以内。未使用期間が長いとブレーキが錆びつく可能性がございます。
タイヤの空気が抜けている写真

タイヤが空気抜けしている状態。
この程度の空気抜けでも大人一人での手押しは非常に難しくなります。

事故車写真

写真のような事故車でも、
上記の条件を満たすお車でしたら、
別途料金は不要です。

別途作業料金がかかる場合の写真

この車の場合、前輪は転がりますが、
事故で前のタイヤが押されているため、
ハンドルを左右に回せません。
この場合は別途作業料金がかかります。

JAFを利用する

JAF会員証の写真

会員の場合、15kmまででしたら移動料金は無料です。
駐車場付近でのちょっとした作業はすべて無料ですので、JAFに依頼して、
積載車に積みやすい場所に移動していただく方法もあります。
JAF料金のご案内

修理屋さん・レッカー屋さんに車が止まっている

フォークリフトで車を積載車に乗せる写真

フォークリフト等、車を積載車に乗せる設備が整っている所もございます。
車を長期間止めていますと、その分駐車代を請求されることがございます。
弊社では1週間以内でしたら駐車料金は無料です。お気軽にご相談ください。

不動車で移動料金が必要なケース

駐車場で充分な作業スペースがとれない場合

不動車と隣の車との間に充分なスペースがある図

不動車の前に、充分な作業スペースがなく、
隣の車との間隔も狭い場合、
作業中に隣の車と接触してしまう可能性がございます。

道幅が狭く、お客様のお車の所まで、積載車が入っていけない場合

道幅が狭く、お客様のお車の所まで、積載車が入っていけない図

一般的には、弊社が用意した小型車を使用して不動車を広い道路まで移動。
そこで積載車に積み込みます。
駐車場は広くても、途中までの道が狭い場合もあります。

立体駐車場や地下駐車場の中の場合

高さ制限が2.2m以下の駐車場写真

駐車場の高さ制限が2.2m以下の場合、お車を積載車に積んだ状態で、2.2m以下にする必要がございます。
2.2mを超える場合は写真のように車を外に出してから積み込む必要がございます。

駐車場が道路に面している場合

駐車場が道路に面している図

駐車場が道路に面している場合、お車を積載車に乗せる作業は、道路上で行なうことになります。
対向車がすれ違うには、4m以上の道幅が必要です。
道幅が狭く、交通量が多い道路の場合は、交通整理をする者が1~2名必要です。
弊社で人員を用意する場合は5000円~です。

鍵がない場合

ハンドルロックを解除するために窓ガラスを割る写真

車の鍵がない場合、窓ガラスを割って内側からドアを開け、ハンドルロックを解除するため、別途5000円の費用がかかります。
写真は窓ガラスを割る作業をしているところです。

タイヤがない・ハンドルが動かない・事故でタイヤが動かない等

ハンドルやタイヤが動かない写真

写真のような台車をかまして車を移動します。
移動料金は5,000円~になります。

車の中に大量のごみがある場合

車の中に大量のごみがある写真

原則、ゴミは事前にお片付けください。
車内にゴミが残っている場合、別途料金が発生することがございます。
事前にご相談ください。

不動車の引取の正確なお見積りをご希望の方へ

以下の写真を へ送っていただければ、正確なお見積りをお出しします。

  • タイヤの空気抜けの有無が分かる写真
  • お車の周辺の写真(作業スペースの確認)
  • 駐車場出口付近の写真(道路の車幅の確認のため)
  • 車内の写真(ゴミの処分も依頼される場合)
     弊社へのご依頼が前提ですが、下見料5,000円で下見に伺うこともできます。
0120-396-813
電話番号不要・無料で廃車買取り査定額を簡単チェック!

車種

排気量

年式

車検期限

車両状態

駐車場所

廃車予定

» お車の買取価格をチェック!
× 車種未選択 排気量未選択 年式未選択 車検期限未選択 車両状態未選択 駐車場所未選択 廃車予定未選択 最終確認お見積り送信ボタンを押して下さい

車検証で有効期限を確認

車検証がお手元にない場合は『不明』をご選択ください。

車検切れ 不明 令和3年1月2月3月4月5月6月(今月)7月8月9月10月11月12月令和4年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月令和5年1月2月3月4月5月6月

※故障車・事故車の場合は最終確認画面の備考欄にお車の状況を分かる範囲でご入力ください。

自走可能 自走可能(故障車) 自走可能(事故車) 自走不可(故障車) 自走不可(事故車) 自走不可(バッテリー上がり) 自走不可(水没車) 放置車両
陸運の抹消手続き
お車の移動方法
車検証上の所有者

車検証で所有者を確認


お客様の条件では以下の還付金が発生します。上記の【廃車予定】や【車検期限】を変更すると還付金額が上下します。
  • 重さアイコン 重量税 0
  • 保険アイコン 自賠責 0?
  • 車アイコン 自動車税 0?

【お名前】【メールアドレス】のご入力で車両本体の買取り価格・廃車手続きに必要な書類等をご案内します。

お名前(必須)
「お名前」の入力は同じ車名()のお客様との混同を避けるためです。「苗字・ひらがな・カタカナ」等でも構いません。
メールアドレス(必須)
お見積りメールでは廃車が初めての方でも、分かりやすくご案内しています。

※より正確なお見積りをご希望の場合には、以下に型式(車検証で型式を確認)やお車の状態をご入力ください。

備考欄(任意)
残り500文字



» 個人情報の取り扱い

その他車名:
削除

廃車で受け取れる還付金 4ステップで簡単見積もり

ビッグエイト マスコットキャラクター 「廃車予定月」「メーカー名」「車検の有効期限」「車名」を選択するだけで、
自動車税・重量税・自賠責の還付金(概算)を簡単査定。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
エスティマハイブリッドを廃車した時の還付金(概算)は以下になります。
  • 重さアイコン 重量税
    18,000
  • 保険アイコン 自賠責
    9,500?
  • 車アイコン 自動車税
    50,550?

計算結果サンプル 4つの質問に答えると還付金が計算されます。

上記の還付金額は以下の条件での概算です。
排気量・車両重量・車検有効期限・廃車予定日が異なる場合は再度選択してください。

排気量
車検証で排気量を確認(軽自動車は確認不要)

同じ車名でも排気量が異なる場合があり、その排気量の大小で自動車税の還付金額が異なります。

車両重量
車検証で車両重量を確認(軽自動車は確認不要)

同じ車名でも車両重量が異なり、その車両重量の大小で重量税の還付金額が異なります。

車検有効期限
車検証で車検有効期限を確認する

重量税・自賠責の還付金は『車検有効期限』から『廃車予定日』を引いた残り日数で算定されます。

廃車予定日

廃車日が遅くなりますと、その分還付金が少なくなります。
廃車予定日に応じた還付金額が上の計算結果に表示されます。
廃車予定日が3月~5月の場合自動車税の還付金額は0で表示されます。

お名前・メールアドレス・お車の駐車場所の3項目を入力していただければお見積りします。

お車本体の買取り金額のお見積もり

買い取り実績

ビッグエイトでは毎月300台以上の買い取り実績がございます。
  1. ハイラックスサーフ(平成17年)を127,750円で買取。沖縄県中城村
  2. ヴェルファイア(平成22年)を127,500円で買取。茨城県小美玉市
  3. ハイラックスサーフ(平成10年)を121,440円で買取。茨城県行方市

※『買取り実績』には自動車税・重量税・自賠責の還付金が含まれています。

都道府県別・メーカー別の買取り実績