トラックの廃車手続き・査定・買取をお考えの方へ

廃車買取り・手続き・引取り専門店 ビッグエイト
フリーダイヤル 0120-396-813

月~土 9:00-17:00 / 日・祝 休み

お見積もりフォーム LINE無料査定

トラックの廃車手続き・査定・買取をお考えの方へ

トラックの廃車手続き・査定・買取をお考えの方へ

トラックはどのタイミングで廃車したらいいの

街中で走っているたくさんの荷物を積んだトラック。荷物を必要とする人のところまで届けるのが仕事ですから、1年間で10万キロ走るトラックも少なくありません。今回はこのようなトラックをどのタイミングで廃車したらよいかを解説します。

 

 

 

トラックの寿命

トラックの寿命ですが、実はオーナーの考え方次第で決まります。
つまり、〇万キロ走ったら廃車、〇年使用したら解体、といった定義があまりありません。
『このまま修理しながら乗り続ける』のと、『(新車・中古車を含めて)新しい車に乗り換える』のとどちらが経済的に得かを視野に入れて廃車するかどうかが決まるケースが多いのです。

 トラックの走行距離が増え、使用期間が長くなるにつれて故障個所が増え、その分、修理費用もかさんできます。

 ある運送屋さんを例にとります。

その会社では平ボディの大型トラックやトレーラーを所有しています。1か月の平均的な走行距離は5000kmです。年間で約6万km走ります。だいたい10年間使用して買い替ています。

 定期点検・車検

大型トラックは3か月毎の定期点検が義務化されていますが、毎回の点検で20万~30万円の費用がかかります。そして年1回の車検があります。つまり、毎年車を維持するだけで100万円前後の維持費が発生します。

修理費

10年近く走っていると、ブレーキ関係の不具合ギアが入りづらくなる等ミッションの不具合ターボの故障といった問題が発生してきます。

ミッションなどはディーラー側の都合で、最近はオーバーホールせず、アッセンブリー毎の交換となるため、60万円の費用が発生します。ギアの不具合などは予兆がなく突然発生するため、翌日に仕事に穴を空けてしまうリスクや、他のトラックを外部から手配しなくてはらならない等の対応に迫られます。 

燃費の低下

長年使用していると燃費も低下していきます。大型トラックは一般的に4~5km/Lといわれています。

年間6万km走るのに燃費が5km/Lでしたら1.2万L、4km/Lでしたら1.5万Lの燃料が必要です。

燃費が1km/L異なるだけで3000Lの違いが生じ、軽油代が115円/Lだとすると、34.5万の差が発生します。

 

トラックの下取り相場

意外に思われるかもしれませんが廃車されたトラックが解体されることはあまりありません。

日本では修理代や燃費等の問題で廃車になるトラックでも、海外でこまめにメンテナンスされ、乗り続けられています。もちろん年式が新しい、走行距離が少ない方が高く売れる可能性は高いですが、その時々の相場によって同じ車が10万円で売れることもあれば100万円で売れることもあります。

どのタイミングで手放したら良いか判断に迷うところです。

 例に上げた運送屋さんの業界では、このような事情を踏まえて、早いところで7年、長いところで20年使用した後に廃車されています。

  

トラックの廃車買取は可能?

 トラックを廃車にしたくても、方法がイマイチわからずに手付かずになっているという方も多いのではないかと思います。そもそも廃車トラックは買い取ってもらえるのか、また、高く買い取ってもらえる期待ができるのかといった疑問が生まれますよね。

結論から申し上げると、トラックの廃車買取は可能です。
最初に廃車トラックの買取の流れや注意点をご紹介いたします。

廃車する際に買い取ってもらえる

法人の場合、新車の購入とそれに伴う廃車に関して、補助金制度の対象となることがございますが、そのためには様々な条件がありますので、できるだけお金を掛けたくないのであれば廃車専門の買取業者に相談してみましょう。(個人の場合、廃車トラックの補助金制度はありません。)
ディーラーや一般の中古車買取業者などでは値段が付かないような廃車トラックであっても廃車専門買取業者であれば買取が可能です。

廃車買取の流れ

廃車の買取は大きく4つに分けることができます。

  1. 廃車専門買取業者に連絡を入れる
    まずは廃車専門買取業者に連絡を入れ、廃車トラックの買取を希望している旨を伝えます。
    車の状態を詳しく伝えるためにも、修復歴が分かる書類などをあらかじめ用意しておきましょう。手続きに不安があるという方は、必要書類など手続きに関するアドバイスやサポートを行っている業者を選ぶことをおすすめします。
  2. 廃車トラックの査定を行う
    問い合わせた内容を基に、買取業者が概算査定や概算見積もりを計算します。最近は便利なオンライン査定や、LINEを使った無料査定などもあります。複数の買取業者を比較する際は一括査定サイトを使う方法も便利ですが、多数の買取り業者から執拗な(?)営業電話がかかってきますのでご注意ください。
  3. 廃車トラックを引き渡す
    必要書類等を用意して買取業者に廃車トラックを引き渡します。
    業者によっては即金で現金買取をしてくれるほか、指定の口座に振り込んでくれるなど様々です。事前に買取金額の受け渡し方法について確認しておきましょう。
  4. 廃車手続きを行う
    廃車を行うタイミングや条件によって、自動車税・重量税・自賠責保険料の還付を受けることもできます。
    トラックの場合、特に、自動車税や重量税の還付金額が大きくなるため(後述)、当社のような専門業者にご相談ください。

廃車買取の注意点

廃車買取の流れでも軽く触れましたが、事前に自分で必要書類を揃える必要があります。
車検証や印鑑証明のほか、必要な書類については事前に業者から聞いて準備しておきましょう。

廃車専門買取業者に手続きを依頼するメリット

廃車専門買取業者によっては、書類手続きを依頼することも可能です。
ここでは廃車の手続きを代行してもらうメリットを2点ご紹介します。

手続きを代わりにしてもらえる

多くの廃車専門買取業者は廃車手続きを代行してくれます。面倒な廃車手続きを行ってもらえるのが、廃車専門買取業者に手続きを依頼するメリットといえます。

手続きの手間が省ける

廃車手続きを代行してもらうメリットはほかにも、時間や手間を削減できるという点が挙げられます。忙しいなか、廃車手続きをしに行くのはなかなか負担になりますよね。
廃車に関するプロが担当するので、手続きを安心して任せられます。

廃車買取のポイント

トラックの廃車買取について知っておきたいポイントが3点あります。

廃車買取の相場は決まってる?

トラックの買取相場は、年式、型式、走行距離、架装物などによって大よその相場が決まります。
ただし、同じ種類のトラックであっても状態によって大きな価格差が生じるため、乗用車のように1万円単位で買取相場をあらかじめ調べることは困難です。
またトラックは需要の高まり方が不規則なため、時期によって査定金額に差が出ることも知っておきましょう。

高く買い取ってもらうためには?

整備手帳や保証書は処分せずに車と一緒に買取に出すことをお勧めします。

ネットの一括査定を利用する場合、トラック買取業者に絞って依頼することが大切です。
一般車をメインに扱う買取業者に依頼すると買取不可や、査定額が低くなってしまうケースが多いためです。
適正な査定価格を知るためには3~5社程度の査定が必要といわれています。依頼する業者の金額だけではなくサービスやどのようなプラス/マイナス査定があるのかをしっかり確認しておきましょう。分からないことは前もって業者に質問をして疑問点を解消しておくことで比較が行いやすくなります。

独自の販売ルートを持っている買取業者の場合、中間マージンが上乗せされません。
中間マージンは買取査定額にも響いてしまうので、できるだけ自社で販売ルートや解体工場を確保している業者に依頼することをおすすめします。

ビッグエイトでは廃車トラックの買取だけでなく、重量税の還付や自賠責保険の払戻し、自動車税の還付についてのご相談も承っております。トラックの廃車買取をお考えの方は、是非ビッグエイトにご相談ください。

 

重量税還付金~車検の残り期間を弊社が買取りします~

重量税還付申請書付表写真
重量税還付申請書付表

車検の車両重量と車検の残り月数をご確認ください。
2000㏄クラスのお車なら1,575円×車検の残り月数が受け取り金額です。
もし、お車を使用する予定がない場合には、早めに廃車することで、その分税金の戻り金額が増えます
重量税の還付金相当額を弊社が買取りしますので、面倒なお手続きは不要です。
すでに車検が切れている場合や、車検の残り月数が1ヶ月と12日未満の場合は重量税の還付金はありません。
» 重量税の還付金額の詳細

 

自賠責保険の返戻金~廃車すると月割りでお金が戻ってきます~

自賠責保険証明書写真
自賠責保険証明書

自賠責保険も廃車した際の有効期間に応じてお金が戻ります。(自賠責の返戻金を戻してくれない業者さんもいますので必ずご確認ください。)
普通車は残り月数×約720円、軽自動車は残り月数×約570円です。
例)車検が12ヶ月残っている普通車なら8,620円が戻ります。
弊社が自賠責保険の還付金相当額を買取りますので、お客様の側では、面倒なお手続きは不要です。(陸運局での抹消手続きを弊社に依頼される場合に限ります。)
» 自賠責保険の解約の詳細

 

自動車税の還付金~廃車した月に応じて還付金を受け取れます~

自動車税還付通知写真
自動車税還付通知
» 11月27日の午前10時までに廃車すれば、自動車税が4ヶ月分が戻ってきます。

 

<廃車する場合>
4月1日の時点でのお車の所有者に1年分の自動車税が請求されます。
4月に廃車した場合は自動車税1ヶ月分の納付書が7月頃に送られてきます。
例:2000ccのお車を4月に廃車した場合は、自動車税1ヶ月分3,200円が請求されます。

<自動車税が未納の場合>
本年度の自動車税が未納でも廃車できます。
抹消手続き終了後、自動車税事務所から請求書が送られてきますので、その時点でお支払いください。
» 自動車税の詳細

 

廃車費用

陸運局発行の証明書(見本)
陸運局発行の証明書(見本)

陸運局での抹消手続き(廃車手続き)を行なうことで、自動車税の支払いが止まり、車検が残っていればその期間に応じて、還付金を受け取ることができます。
陸運局での抹消手続きには印鑑証明書、実印等が必要となります。
廃車の当日までに書類が揃わない場合は、後日書類を郵送してください。
全国どこのナンバーでも一律で代行費用は4,000円です。
所有権解除など、特別な手続きを行う場合は別途3,000円かかります。
ご自分で手続きする場合は抹消費用は無料ですが、重量税や自賠責保険の還付手続きもご自身でしていただきます。

4,000円の手数料で、陸運局での抹消手続きと、以下の手続きを行います。

陸運局での抹消手続き 証明書のコピーを10日以内にご自宅にお送りします。
重量税の還付手続き 車検の残り有効期間分を弊社が買取りします。
自賠責保険の解約手続き 残り有効期間分を弊社が買取りします。
自動車税の還付手続き 廃車した翌月以降の税金が戻ってきます。
解体証明書の発行 必要な方のみ。 この書類で抹消手続きができなくても自動車税の支払いを止める事が出来る場合があります。

» 廃車手続きに必要な書類の詳細

 

その他

以下の4つのケースでは別途料金をいただくことがございます。

2020年10月19日


このコラムのタグ


関連コラム

0120-396-813

まずは無料見積りで廃車買取り査定額をチェック

お名前
メールアドレス
車名
その他車名:
車検の有効期限
車検証で有効期限を確認
廃車予定日
 ※おおよそで構いません
排気量(任意)
車検証で排気量を確認
陸運の抹消手続き
お車の移動方法
車検証上の所有者
車検証で所有者を確認
年式
車検証で年式を確認
型式(任意)
車検証で型式を確認
※高額査定できる場合もあるので正確に入力してください。
お車の状態

※故障車・事故車の場合は備考欄にお車の状況を分かる範囲でご入力ください。
お車の駐車場所
備考欄(任意)
残り500文字
車検証の写真を貼付(任意)
正確な見積もりをご希望の場合は車検証の写真をお送り下さい。

※1日以上返答がない場合はメールアドレスの入力間違いが考えられます。
お手数ですが、再入力又は ・お電話(0120-396-813)にてお問合せください。

個々のお車に応じて、廃車買取金額、必要書類・税金の還付金額をご案内します。
買取り希望のパーツがあれば備考欄にご記入ください。
※過去に弊社をご利用されたことがある方には特典をご用意していますのでお申し出ください。

事故車の場合はこちらから写真をお送りください。

お客様の個人情報は弊社からの情報提供のみに利用いたします。 » 個人情報の取り扱い

1台、1台丁寧にお見積りしていますが、限られた人数で対応しています。
『過去に当社を利用された方』やその方から紹介されたを優先的にご対応いたします。
単に『買い取り価格を知りたい』だけでのお問合せはご遠慮ください。


『放置自動車』は専門的に対応します。こちらの見積りフォームをご利用ください。