廃車した後で重量税の還付手続きをすると還付金が戻ってきます。

廃車買取り・手続き・引取り専門店 ビッグエイト
フリーダイヤル 0120-396-813

平日 9-18時 / 土曜日 9-15時 / 日・祝 休み

お見積もりフォーム LINE無料査定

廃車すると自動車重量税が戻ってくる!!

お客様に少しでも車を高く買い取ってもらうために、自働車重量税の還付金についてご説明します。

車検を取得する際に自賠責保険等の他に自動車重量税を納付します。
納付年度によって金額は異なりますが、2年車検の普通車(2000cc)でしたら、30,000円前後です。(年式・車両重量・エコカー対象車)によって金額が異なります

そして、この車を廃車した場合に、有効期限の残り月数に応じて、還付金を受け取ることができます。

★廃車買取り金額の例 平成5年車 排気量2,000cc 車検残10か月 11月廃車
車は長年の使用で所々に故障や凹有り。走行距離は10万キロを超えている。
廃車の買取金額は以下の①~⑤の組み合わせで決まります。
①車両の買取価格    4,000円~ 全車種4,000円以上で買取り(※軽自動車は除く)
②重量税の還付金   10,250円 車検の残り期間を弊社が買取り
③自賠責の返戻金    7,180円 自賠責保険の残り有効期間を弊社が買取り
④自動車税還付金   13,100円 何月に廃車したかで金額が決まります
⑤抹消の代行費用   -4,000円 陸運局での抹消手数料のみご負担いただきます
合計 30530円 ←廃車して受取れる金額
※廃車手続きをすると「自動車税」「重量税」「自賠責保険」の未使用月分はすべて戻ってきます。

自動車重量税の還付金が戻ってくる仕組み

廃車した車の重量税が還付されるまでの流れは以下になります。

<1>当社で車を引き取る&廃車手続きに必要な書類を受け取る

当社は全国対応で車の買取りを行なっています。
一部の地域を除き、引取手数料は無料です。
廃車手続きに必要な書類を当社が受け取ってから3営業日以内に、『車両買取り金額』『重量税還付金相当額』『自賠責還付金相当額』をお振込みします。

<2>当社で抹消手続きをする

廃車手続きに必要な書類を受け取ってから遅くても12日以内に抹消手続きを行ない、その証明書のコピーをご郵送します。

<3>当社で車を解体する

  車を解体してからでないと、重量税の還付金を受け取ることができません。
平均1か月程度で車の解体を完了させます。

<4>当社で解体届け出を行なう

再度、陸運局あるいは軽自動車協会へ出向き、車の解体が完了した旨を届け出ます。

<5>当社が自動車重量税還付金を受け取る

『解体届け出』の手続き完了後、2~3か月後に国税局から当社の口座に重量税の還付金が振り込まれます。(お客様には<1>の時点で当社が還付金相当額をお振込みしています。)

重量税還付金額の計算方法

重量税の還付金額は車検の残り期間車両重量で決まります。

車検の残り期間は以下のように計算します。

  1. 陸運局で抹消手続きを行った日又は引取報告を行なった日のどちらか遅い日の翌日を調べる
  2. 車検の有効期限満了日-上記の日付

例: 車検が平成25年12月25日まで、抹消手続きを同年9月1日、引取報告を同年9月10日に行った場合、12月25日-(9月10日+1日)=3か月と14日となります。

※弊社では重量税の残り月数の計算には12日の猶予をいただいており、
車検の有効期限-(弊社が車を引き取った日又は必要書類を受け取った日のどちらか遅い日)が
1か月と12日以上で1か月分、2か月と12日以上で2か月分と計算します。

 △車両重量は車検証に記載されています。(「車両重量」ではありません。)
  詳しくはこのページの下にある◆重量税還付金額早見表◆でご確認ください。

平成22年4月以降に車検を取ったお車の場合、重量税の還付金の計算方法が変わります。

詳しくはこちらの表をご覧ください。

例.初年度登録が平成3年、車両重量が1.5t以下の車を廃車する場合、
18年を経過してますので、表5を使用します。

» 自動車税の還付について
» 自賠責保険の還付について

廃車初心者の方歓迎!私たちが丁寧にご案内

個々のお車に応じて、廃車買取金額、必要な書類・税金の戻り金額をご説明をします。

  • 廃車スタッフ写真
0120-396-813 メールでお見積もり

廃車から重量税の還付金を受け取るまでの流れ

  1. 弊社がお客様のお車を引き取ります。 ※1
    重量税還付金相当額をお車の査定金額にプラスして買い取りします。
  2. 解体された車が最終処理業者に引取られます。
  3. このデータが自動車リサイクル促進センターに登録され、「解体報告日」が決まります。
  4. 「解体報告日」が陸運局へ転送されます。
  5. 陸運局で「永久抹消(解体抹消)」の手続きを行ないます。
  6. 約3~4ヵ月後に国税局から重量税の還付金が弊社の口座に振り込まれます。
    弊社は1でお客様にお支払した重量税還付金をこの時点で受け取ります。

※1 お引取り当日までに陸運局の手続きに必要な書類が揃わない場合は、書類が弊社に到着した日から、10営業日以内にお客様の口座にお振込みします。

※車検証の所有者がディーラーや信販会社の場合、書類到着後20日以内にお振込みします。
また、所有者の転居先が不明・倒産等で還付金額を買い取れない場合があります。

解体の流れ

重量税還付の手続き(ご自身で行なう場合)

  1. 弊社が車を引取る。
  2. お客様が陸運局で一時抹消の手続きを行なう。 ※1
  3. 弊社がお客様に「移動報告番号」と「解体報告日」をメールかお電話でお知らせします。 ※2
  4. 再度、陸運局へ出向き永久抹消永久抹消(解体抹消)の手続きを行なう。 ※3
  5. 約3~4ヵ月後に国税局から重量税の還付金が口座に振り込まれる。 ※4

※1 日にちが差し迫っていなければ、2を省略して、4の時点でまとめて手続きすることもできます。

※2 お車を引取らせていただいてから5~7営業日(日曜日・祝日を除く)の猶予をいただいています。
例.車検が12月11日まで残っているお車でしたら
11月2日~5日頃までにお車を引き渡してください。

※3 この時に振込先の口座をマークシートに記入します。ネットバンクの口座は利用できません。

※4 忘れた頃に振り込まれてくるという感じです・・・
また、国税局のミスで振り込まれていなかったというケースもありますので、
4ヶ月を過ぎても振り込まれていない場合は、問合せすることをお勧めします。
その際は、各都道府県の国税局に問合せしていただくことになりますが、
部署が細かく分かれていて、結構たらい回しにされますので根気が必要です。。。

» 自動車税の還付について
» 自賠責保険の還付について

重量税還付一覧表の見方

車検証をご覧ください。(お手元にない方はこちらをクリックしてください)

『用途』『自家用・事業用』『車両重量』に記載されている内容と「車検の残り月数」の組み合わせによって重量税の還付金額が決まります。

『車両重量』について:車検証には「車両総重量」も記載されていますが、
重量税の還付に関係するのは「車両重量」です。(お間違いのないように。。。)

『用途』の欄は「乗用」「貨物」「特殊」の3つに分かれます。

「乗用」は「3,5,7」ナンバーの一般的な乗用車、
「貨物は「1,4」ナンバーのバン、トラック、
「特殊」は「8」ナンバーの構造変更を行なった車両。

『自家用・事業用』の欄は「自家用」と「事業用」の2つに分かれます。

「自家用」は一般的な車
「事業用」は陸運局で特別な許可をもらった車で、タクシーや運送会社さんとトラック等が該当します。

最も多い組み合わせは『用途』が「乗用」で、『自家用・事業用』は「自家用」になります。

エコカー減税・減免を受けていない車齢13年未満の車両

車検を取ったのが平成24年5月1日~平成27年4月30日の間で、エコカー減税・減免を受けていない車齢13年未満の車両
<普通車の場合>
初度登録年月日に「12年11か月」を足した年月日が「車検満了日」を越えないもの
※車検証の備考欄に記載されている「自動車重量税額」が下記表の24ヶ月と同額の車両が該当。
» エコカー減税・減免を受けていない車齢13年未満の車両の重量税還付金額早見表<3>

初年度登録から13年超え18年未満の車両

<普通車の場合>
初度登録年月日に「17年11か月」を足した年月日が「車検満了日」を越えない場合
例)初度登録年月日が「平成5年8月」の場合、17年11か月を加えた「平成23年7月」までの車検期日。

<軽自動車の場合>
初度検査年から13年を経過した年の12月1日以後に自動車検査証の交付等を受ける場合
例1)初度検査年が平成16年で平成29年12月1日以降に自動車検査証の交付等を受けた場合。
 (車検有効期限が平成31年12月1日以降の車)

例2)初度検査年が平成17年で平成30年12月1日以降に自動車検査証の交付等を受けた場合。
 (車検有効期限が平成32年12月1日以降の車)

※車検証の備考欄に記載されている「自動車重量税額」が下記表の24ヶ月と同額の車両が該当。
» 初年度登録から18年未満の車両の重量税還付金額の早見表<1>

初年度登録から18年以上を経過する車両

普通車の場合:初度登録年月日に「17年11か月」を足した年月日が「車検満了日」を越えているもの
例)初度登録年月日が「平成5年8月」の場合、17年11か月を加えた「平成23年7月」以降に車検を取る
軽自動車の場合:初度登録から18年経過した年の12月以降に車検を取ると18年経過
例)初度登録年月日が「平成5年」の場合、「平成23年12月」以降に車検を取ると18年経過
※車検証の備考欄に記載されている「自動車重量税額」が下記表の24ヶ月と同額の車両が該当。
» 初年度登録から18年以上経過する車両の重量税還付金額の早見表<2>

次世代自動車

車検証の備考欄に記載されている「自動車重量税額」が下記表の24ヶ月と同額の車両が該当。
» 次世代自動車の重量税還付金額早見表<4>

エコカー減税対象車 75%減税

※車検証の備考欄に記載されている「自動車重量税額」が下記表の24ヶ月と同額の車両が該当。
» エコカー減税対象車 75%減税の重量税還付金額早見表<5>

エコカー減税対象車 50%減税

※車検証の備考欄に記載されている「自動車重量税額」が下記表の36ヶ月と同額の車両が該当。
» エコカー減税対象車 50%減税の重量税還付金額早見表<6>

事業用・特殊車両

ビッグエイトでは事業用・特殊車両の廃車買取りも行っています。
» 事業用・特殊車両の重量税還付金額早見表

0120-396-813
電話番号不要・無料で廃車買取り査定額を簡単チェック!

車種

排気量

年式

車検期限

車両状態

駐車場所

廃車予定

» お車の買取価格をチェック!
× 車種未選択 排気量未選択 年式未選択 車検期限未選択 車両状態未選択 駐車場所未選択 廃車予定未選択 最終確認お見積り送信ボタンを押して下さい

車検証で有効期限を確認

車検証がお手元にない場合は『不明』をご選択ください。

車検切れ 不明 令和3年1月2月3月4月5月6月(今月)7月8月9月10月11月12月令和4年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月令和5年1月2月3月4月5月6月

※故障車・事故車の場合は最終確認画面の備考欄にお車の状況を分かる範囲でご入力ください。

自走可能 自走可能(故障車) 自走可能(事故車) 自走不可(故障車) 自走不可(事故車) 自走不可(バッテリー上がり) 自走不可(水没車) 放置車両
陸運の抹消手続き
お車の移動方法
車検証上の所有者

車検証で所有者を確認


お客様の条件では以下の還付金が発生します。上記の【廃車予定】や【車検期限】を変更すると還付金額が上下します。
  • 重さアイコン 重量税 0
  • 保険アイコン 自賠責 0?
  • 車アイコン 自動車税 0?

【お名前】【メールアドレス】のご入力で車両本体の買取り価格・廃車手続きに必要な書類等をご案内します。

お名前(必須)
「お名前」の入力は同じ車名()のお客様との混同を避けるためです。「苗字・ひらがな・カタカナ」等でも構いません。
メールアドレス(必須)
お見積りメールでは廃車が初めての方でも、分かりやすくご案内しています。

※より正確なお見積りをご希望の場合には、以下に型式(車検証で型式を確認)やお車の状態をご入力ください。

備考欄(任意)
残り500文字



» 個人情報の取り扱い

その他車名:
削除

廃車で受け取れる還付金 4ステップで簡単見積もり

ビッグエイト マスコットキャラクター 「廃車予定月」「メーカー名」「車検の有効期限」「車名」を選択するだけで、
自動車税・重量税・自賠責の還付金(概算)を簡単査定。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
エスティマハイブリッドを廃車した時の還付金(概算)は以下になります。
  • 重さアイコン 重量税
    18,000
  • 保険アイコン 自賠責
    9,500?
  • 車アイコン 自動車税
    50,550?

計算結果サンプル 4つの質問に答えると還付金が計算されます。

上記の還付金額は以下の条件での概算です。
排気量・車両重量・車検有効期限・廃車予定日が異なる場合は再度選択してください。

排気量
車検証で排気量を確認(軽自動車は確認不要)

同じ車名でも排気量が異なる場合があり、その排気量の大小で自動車税の還付金額が異なります。

車両重量
車検証で車両重量を確認(軽自動車は確認不要)

同じ車名でも車両重量が異なり、その車両重量の大小で重量税の還付金額が異なります。

車検有効期限
車検証で車検有効期限を確認する

重量税・自賠責の還付金は『車検有効期限』から『廃車予定日』を引いた残り日数で算定されます。

廃車予定日

廃車日が遅くなりますと、その分還付金が少なくなります。
廃車予定日に応じた還付金額が上の計算結果に表示されます。
廃車予定日が3月~5月の場合自動車税の還付金額は0で表示されます。

お名前・メールアドレス・お車の駐車場所の3項目を入力していただければお見積りします。

お車本体の買取り金額のお見積もり

買い取り実績

ビッグエイトでは毎月300台以上の買い取り実績がございます。
  1. ハイラックスサーフ(平成17年)を127,750円で買取。沖縄県中城村
  2. ヴェルファイア(平成22年)を127,500円で買取。茨城県小美玉市
  3. ハイラックスサーフ(平成10年)を121,440円で買取。茨城県行方市

※『買取り実績』には自動車税・重量税・自賠責の還付金が含まれています。

都道府県別・メーカー別の買取り実績