自動車税を払わなかったらどうなる?

廃車買取り・手続き・引取り専門店 ビッグエイト
フリーダイヤル 0120-396-813

平日 9-18時 / 土曜日 9-15時 / 日・祝 休み

お見積もりフォーム LINE無料査定

自動車税を払わなかったらどうなる?

自動車税を払わなかったらどうなる?

 

自動車税とは

自動車税とは4月1日の時点の所有者に対し、毎年課せられる「税金」です。
普通自動車は「都道府県税」、軽自動車は「市町村税」として各地方自治体の税収となります。

税額は排気量と用途(自家用・営業用)によって税率が区分されています。

自動車税を払わなかったらどうなる?

毎年5月頃に、自動車税の納税通知書が届きます。
納付期限は5月中の自動車税の支払いを忘れた場合、下記のようなリスクがあります。

延滞金が発生する

払い忘れ、遅れが発生した場合、滞納日数に応じて延滞金が発生します。
延滞金の計算方法は以下の通りです。

延滞金 = 滞納税額 × 延滞日数 × 延滞金率※ ÷ 365
 
例)自動車税額が45,300円、180日延滞の場合…
   45,300円 × 180日 × 8.7% ÷ 365円 = 1,295円

※延滞金率は年度、都道府県ごとに変動があります。
2022年度・東京都の場合、納付期限の超過日数が1ヶ月以内の場合は年率2.4%、1か月以上経過した場合は、年率8.7%となります。

廃車手続きが行えなくなる場合がある

自動車税の未納が2年以上になると「嘱託保存」という状態になります。
嘱託保存とは車が差し押さえられた状態の為、所有権を移すことが出来ず
廃車手続きもできなくなるのです。

嘱託保存になっているかは、登録事項証明書を取り寄せると確認することが出来ます。
解除するには自動車税未納分を全額完済する必要があります。

車検が受けられない

自動車税滞納の場合は、車検更新もできません。
車検切れで車を走らせると、道路交通法違反となります。

まとめ

他にも納税証明書が発行できない、最終的には財産の差し押さえなど
大きなリスクが想定されます。

納税通知書が届いたら、原則期限内に納税しましょう。

2022年07月28日

廃車買取のビッグエイト  廃車買取の無料査定はこちら

関連コラム

0120-396-813