廃車になる事故車を買取りしてもらう方法

廃車買取り・手続き・引取り専門店 ビッグエイト
フリーダイヤル 0120-396-813

月~土 9:00-17:00 / 日・祝 休み

お見積もりフォーム LINE無料査定

事故車は買い取ってもらえる?理由と高額買取のコツをご紹介

事故車と聞くと、事故を起こして破損してしまった車をイメージしてしまい、買取をして欲しいけど、そもそも買い取って貰えないのでは…?と考、近所の整備工場などに廃車手続きを依頼しているケースが目立つように思います。事故車は買取を諦めるしかないのでしょうか…。
しかし、事故車とは単に事故によって破損した車をさす言葉ではありません。
そこで今回は、事故車の買取について解説いたします。

事故車は買取り出来る?

最初に申し上げますと、事故車の買取は可能です。
こちらの項目では、なぜ事故車が買取可能なのかという点や注意点をご紹介いたします。

事故車とは

そもそも「事故車」という言葉によって、事故車の正しい意味をご存知ではない方も多いのではないでしょうか。
事故車とは「修復歴車」とも呼ばれ、「事故もしくはその他の理由で車の骨格部分が損傷している車」だけではなく、「車の骨格部分の損傷を修復した履歴がある車」「事故車」に含まれます。 つまり、事故で車に多少の凹みがあるくらいですと事故車扱いにはならない一方で損傷個所を修理して今は外観が綺麗な車が事故車扱いされることもあるのです。事故車の定義は自動車公正取引協議会等によって定められていまが、あからさまな事故車でない限り、骨格部分の損傷や、損傷個所が過去に修理されているかを調べることは素人では困難です。

事故車についての注意点

事故車は「骨格部分に修復した履歴のある車」と紹介しましたが、場合によっては修復歴がないにも関わらず、買取価格が低くなるケースがあります。
たとえば海の近くに長期間駐車されている車は、潮風の影響で車体全体が腐食やサビを起こしやすく、同様に雪国でも冬場路上にまかれる融雪剤の影響で、車体(特に足回り)が腐食やサビを起こしやすく買い取り価格が下がってしまいます。
他にも、悪徳な業者によくみられる手口としてドアの凹みや小さなキズを理由に事故車として扱おうとするケースがあります。車のドア部分は特定部位に当てはまらず、凹みやキズ等あっても事故車にはなりません。
どの部位が特定部位として当てはまるのか、事前によく調べておくと悪徳業者に引っかかることを防げます。

事故車は買取可能

車の状態によっては事故車でも買取ってもらえます。ですが、中古車買取業者やディーラーの買取査定額はあまり高くなく、予想していた査定額よりも低い額を提示されるとことがよくあります。
そんな時は「事故車・廃車専門買取業者」に査定を依頼してみましょう。
事故車・廃車専門の業者は、中古車買取業者やディーラーと異なる視点から事故車の評価を行ってくれます。

なぜ事故車を買い取りできる?事故車・廃車専門買取業者の視点

当社のような専門業者では、買い取りさせていただく事故車を以下のどのパターンで流通させるかを判断します。

つまり、上記のどのパターンで流通させた方が、ユーザー様の事故車を最も高く買い取りできるのかを判断し、ユーザー様にご提案します。

事故車を修理せずそのままの状態で流通させる

この場合以下の2つのパターンがあります。

1.国内の修理屋さんが事故車を修理して中古車として販売する

修理屋さんは、事故車を買い取りし、本業の空き時間を利用して事故車を修理し、中古車として販売します。
本業が暇な時に事故車を修理をするので、人件費を低く抑えて中古車として販売することができます。
「事故車の仕入れ値」と「中古車としての販売額」の差が修理屋さんの利益となります。

2.修理しないまま海外へ輸出する

日本ではお国柄「安全性」を重要視する為に「事故車・修復歴のある車は安全性に問題がある」と敬遠される傾向があります。そのため事故車は、修理ずにそのままの海外の修復歴をあまり気にしない国に向けて販売されることがあります。海外で修理すればその分の人件費も低く抑えることも可能です。

事故車を修理してから再販する

これは上記の1.を当社で直接行なう場合です。
車種や事故・故障の状態に応じて、その都度判断します。

事故車を修理せずに廃車し、部品として販売する

事故の状態や年式の関係で、中古車として流通できない場合には、事故車を廃車し、パーツ・資源としてリサイクルします。

パーツに価値がある

日本車は品質が高いので、海外からは「安く手に入る高品質の中古車」として需要が高く、必然的にそのパーツにも需要があります。大きな修復歴がある事故車でも高年式であればパーツとして売ることができるため、事故車の価値を細かく判断する業者に買取を依頼すれば査定額が全く付かないということはありません。

資源として再利用できる可能性がある
パーツとしても買取りが難しい場合は、資源として再利用されます。
走行が不可能なほど損傷が激しい事故車であっても車に使われている鉄・アルミ等自体に価値があるため資源としての価値を見出すことが可能です。

事故車の買取りは業者選びに注意!

事故車をレッカー屋さんや修理屋さんの駐車場に保管していると1日数千円の保管料が発生することもあり、業者選びにゆっくり時間をかける余裕がありません。
しかし、事故車の買取を依頼する業者を選び間違えると、非常に損をしてしまうかもしれません。まずは悪徳買取業者の特徴をご紹介いたします。

悪徳買取業者の特徴4つ
<買取額を下げてくる>

買取額の相場は事前に調べておきましょう。
悪徳業者に相場よりも安い買取額を提示された際、目安が分からなければ納得してサインしてしまう可能性は否定できません。

ほかにも“事故車なので相場より低いのは当たり前”と言わんばかりに「傷んでいる場所が多い」などと理由をつけては買取額を下げようとします。
買取当日になって事実と異なることを言って急に言いがかりをつけられてしまうケースもあるため、最初に対策を打っておくなど注意が必要です。
まずは相場をきちんと把握し、複数の買取業者に見積をとることをおすすめします。

<買取手数料がかかる>

買取手数料は業者によって差があります。
手数料が発生するにも関わらず、交渉中に説明をぼかす悪徳業者もいます。
「高値で売れた」と思っても、実際は買取額から手数料がしっかり差し引かれており、後から損をしていることに気付くということもあります。
手数料について疑問に思うことがあれば、交渉の段階できちんと確認しておきましょう。

<営業がしつこい>

中古車の買取をしている業者のなかには顧客を獲得しようと、一度断ったにも関わらず何度も営業をしてくる熱心な業者がいます。
仮にこれが悪徳業者であった場合、顧客に考える隙を与えず営業トークを続けて「今うちで売れば絶対得だ」と言いくるめようとします。そして、契約するまで執拗に粘られることも少なくありません。

<還付金の説明がアバウト>

還付金とは自動車税・自動車重量税・自賠責保険の3つです。
自動車税は年度初めの4月から翌年の3月分までを支払います。
年度途中で買取依頼をした場合、残ってしまった自動車税は4月1日時点の所有者に還付金として支払われます。たとえば、10月に売却した場合は11月から翌年3月までの5ヶ月分が還付されます。
悪徳業者の場合、自動車税の還付金の説明しかせず、自動車重量税・自賠責保険の還付金の説明がなかったり、いい加減な説明をされたりといった還付金についての説明が詳細でないことがあります。
お金に関するトラブルは厄介なので、疑問を持った時点で解消するように努めることが大切です。

事故車の買取を安心して任せられる「優良廃車買取専門店」の特徴とは

優良な買取業者にはどのような特徴があるのか、こちらでご紹介いたします。

<事前の説明が分かりやすい>

優良な買取業者は事前の説明がとても分かりやすく丁寧です。
大切なお客様とトラブルを起こさないようにするためです。
お客様からの質問に対して、同じ目線に立ち分かりやすく答えるよう徹底しています。
事前説明をうけて、内容を理解できたか、納得できたか、疑問は残っていないか、信頼できる業者かといったことを見極めましょう。

<各種サービス手数料が分かりやすい>

手数料や引き取り費用がない業者もありますが、仮に発生した場合は手数料がかかる項目とどれくらいの金額になるか、きちんと説明してくれます。
見積書を見て、分からないところがあれば必ず質問しておきましょう。

<リサイクル工場を持っている>

自社でリサイクル工場を保有している買取業者は、車の解体を外部に委託する必要がないので中間マージンが発生しません。中間マージンは買取額にも影響が出てしまうので、できれば自社工場を持つ買取業者を選ぶことをおすすめします。

<還付金についての説明が詳細>

廃車手続きが終わると、自動車税・重量税・自賠責保険が還付されます。
優良な業者は還付される金額や対象期間、項目、誰が受け取れるのかといった詳細な説明をしてくれます。説明が詳細だと安心して受け取ることができますね。

<面倒な廃車手続きを代行してもらえる>

廃車には様々な手続きが必要です。手続きの要領を得なければ、ただ「面倒」としか思えませんよね。
廃車買取業者に依頼すれば面倒な手続きを代行してもらえます。
手続きが面倒だと感じたときは代行してもらえるか業者に相談してみましょう。

<中古車・廃車の両方の視点に立ってご提案>

事故車に対して、中古車買い取り店さんは「中古車として再販できるかどうか」
車の解体屋さんは「部品としての価値があるかどうか」という視点でのみ見る傾向があります。
しかし、ビッグエイトではお客様の事故車を中古車・部品・資源等の市場価値を総合的に判断し、廃車にした方が得か、修理して中古車として再利用した方が得かをお客様にご提案しております。
また、廃車手続き後、オンラインで愛車がどうなったのかを確認していただくことも可能です。事故車の買取は是非ビッグエイトまでご相談ください。

事故車を高く買い取ってもらうには?

最後に事故車の査定額を上げるための方法を3点ご紹介いたします。

外観および車内を清掃する

事故車であっても外観や車内の状態によって査定額が左右されます。外観や内装の綺麗な状態にすることで好印象を与えることが出来ます。
外観を綺麗にするにはコイン洗車場を利用するか、自走が難しい場合にはバケツに水を汲み専用スポンジとカーシャンプーで汚れを落とすとよいでしょう。乾拭きをするとボディを痛めてしまいますので気をつけましょう。
車内の清掃はゴミ等を片付けるのはもちろんのこと掃除機で細かいゴミを吸い取り、雑巾で水拭きをしましょう。ペットやタバコの臭いが気になる際はドアを開けてしっかり換気し消臭スプレー等で臭いを出来るだけなくしましょう。

事故や修復歴を明確にしておく

事故車を買取してもらう際、小傷などは敢えて修復する必要はありません。高い査定額を出してもらう為には事故歴や修復歴を出来るだけ曖昧にした方が高く査定をしてもらえるという錯覚をする方もおりますが、査定をする立場からすると曖昧な状態は実際の事故や修復歴を矮小化しようとしていると捉えて、逆に実際の状態より悪く査定をしてしまう可能性が高くなります。
明確にするポイントは実際に修理に出した先の担当者から聞いた内容をメモに残したり、修理見積書を保管しておくとよいでしょう。

任意保険やJAFを使って車両を移動できるか確認しておく

事故車の場合はディーラーや修理工場、レッカー業者の保管場所に預けているケースが多いのではないのでしょうか。
実は事故車の査定額には車を自社の保管場所までの陸送費用が含まれていることが多く、これらは買取額には含まれていないと謳っている会社でも、買取額から陸送費用を差し引いていることはよくあります。
査定額を上げる為には任意保険やJAFを使って費用かけずに移動してもらえるかを事前に確認しておきましょう。
移動が可能でしたら「持込をする前提で査定をお願いします」と伝えてみましょう。

今回の内容で、事故車でも買取は可能ということがお分かりいただけたのではないでしょうか。事故車の買取に不安があるという方は、ビッグエイトの簡単便利なLINE無料査定を是非ご利用ください。手続き等、ご不明な点はビッグエイトがきちんとサポートいたします。

事故車のレッカー代って高いと思いませんか?
事故車・廃車は買い取れます。

レッカー業者さんに5万円払って処分を依頼する事故車を、弊社が4万円で買取れることがございます。
2000ccクラスの事故車で車検が1年あり、9月に処分した場合は以下のようになります。

一般的なレッカー屋さん ビッグエイト
車を現場から
引き上げる作業料金
-5,000円   0円 タイヤが転がれば無料
保管場所までの移動料金 -12,000円 1km600円で20km移動 -5,000円 23区内の場合。地域によっては無料
車の保管料金 -9,000円 1晩3,000円、3日間の場合 0円 15日以内なら無料
解体料金 -20,000円   +4,000円 最低金額、全車種それ以上で買取り
廃車諸費用 -8,000円   -4,000円 陸運局での抹消手続き等
自動車税   戻ってこない事も・・・ +19,700円 未使用期間分を全額返金
重量税   戻ってこない事も・・・ +12,300円 車検の残り期間分を全額返金
自賠責   戻ってこない事も・・・ +9,840円 自賠責の残り期間分を全額返金
合計 -54,000円   +36,840円 車両価格によってはこれ以上!

事故車の買取りで良くある質問をまとめました

修理屋さんに置いてある事故車を引き取りできますか?

お引取可能です。車内にお荷物が残っている場合は、あらかじめ移動お願い致します。
引取当日にお立会出来ない場合は、先に必要書類を郵送して頂ければ対応も可能です。
お気軽にご相談ください。

保険屋さんが確認するまで車を保管して欲しいのですが?

事故車の保管を依頼する場合、一般的には1日2,000円~3,000円の保管料金がかかります。
弊社の場合は1カ月以内でしたら無料で保管します。

車の解体費用ってどれくらいかかるのですか?

弊社は車を丁寧に解体し、中古部品として海外に販売しています。
よって解体費用はいただいていません。
全車種4,000円から買取りしています。

レッカー代はいくらくらいでしょうか?

通常5,000円です。(地域によっては無料)
事故・故障の状態によっては5,000円~10,000円のレッカー代がかかります。
弊社の場合、レッカーではなく車の解体・中古部品の販売で利益を出しています。
レッカー代は、比較的安価で行なっています。

全く動かない車でも引き取れますか?

全く動かないお車でも、状態によっては別途料金なしでも対応可能なケースがございます。
駐車場の広さ、タイヤ・足回りの状態等を教えていただければお見積りします。

車検が1年以上残っています。何とかなりませんか?

弊社では自動車税・重量税・自賠責の有効期間分を全額返金しています。
「車検の残り期間」と「廃車の時期」によっては、5万円以上の返金がございます。
以下の自動計算フォームをご利用いただくと、大雑把な金額を把握することができます。
(又は)
トップページ上部にある廃車自動計算フォームをご利用いただくと、
大雑把な金額を把握することができます。

事故車の運搬料金 なぜ、レッカー屋さんの運送料金は高いのか?

これはレッカー屋さんを非難しているのではありません。(お間違えのないよう・・・)

レッカー屋さんは事故車や放置車両を事故現場から指定された修理工場や解体工場まで
移動させることで生計を立てています。

そのために1台1,000万円を超えるような高価な車両を何台も用意し、
万が一、事故が発生した場合に即座に対応できるよう24時間体制で、人員・車両を配備しています。
従いましてその負担分も引取り料金に転嫁しなくてはなりません。

弊社は事故車を解体し、部品として販売しますので、レッカー屋さんと違い車の運送で利益を出す必要がなく、運送料金は実費分だけしかいただいていません。
従いまして「運送だけして欲しい」「すぐに来て欲しい」というご依頼にはお応えできない場合もあります。

お車の状態や保管されている場所によっては別途料金がかかります。
» 車の廃車で別途費用が発生する場合

事故車本体の買取価格について

事故車や故障等で車としては利用できなくても、まだ使える部品は色々とあるはずです。

弊社は自社で自動車の解体及び部品をリサイクルし、中南米やアフリカへ直接輸出しています。
10年以上使用された事故車でも買取りできます。また、解体料金はいただいていません。

部品がコンテナに積み込まれている写真
コンテナに積み込まれて輸出される部品たち
» エルサルバドルで活躍する部品たち

抹消料金とは 自動車税、重量税、自賠責保険の還付手続き

陸運局での抹消手続きを代行する場合の手数料は4,000円です。
この金額で自動車税、重量税、自賠責保険の還付手続きも同時に代行します。
所有者がディーラー・信販会社の場合は7,000円です。
必要な書類等はこちらでご確認ください。
引取り当日までに書類がご用意できない場合、お車を引き取らせていただいた後、ご郵送ください。

» 重量税の還付金
» 自賠責保険の返戻金
» 自動車税の還付金

事故車に付いていた部品は返して欲しい

「このナビは次に乗る車に取り付けたいので返して欲しい」
「このタイヤはオークションで売りたいので取り外して欲しい」
こんなご要望にも出来る限りお応えしていきます。

» 廃車した車の部品の取り外し料金

事故車の買取りと廃車手続きの流れ

手続きの流れ

①事故車のお見積もり
事故車を廃車する時期が遅くなりますと、その分、自動車税・重量税・自賠責の還付金が少なくなります。
まずはお早めに0120-396-813または下記のオンライン廃車無料見積りでお問い合わせください。

②必要書類のご用意
こちらで必要書類をご確認ください。(お電話やメールでもお気軽にお問い合わせください)
お車だけを先に引き渡し、後日書類を郵送していただいても構いません。

③事故車のお引取り
続きは10分程度です。陸運局でも抹消手続きに必要な書類がそろっていれば、
重量税・自賠責の買い取り金額はその場でお渡しします。
書類がそろっていない場合、後日、お振込みします。

④証明書の郵送
陸運局で発行される正規の証明書のコピーを郵送します。ネット上でも処理状況が確認できます。

0120-396-813

まずは無料見積りで廃車買取り査定額をチェック

お名前
メールアドレス
車名
その他車名:
車検の有効期限
車検証で有効期限を確認
廃車予定日
 ※おおよそで構いません
排気量(任意)
車検証で排気量を確認
陸運の抹消手続き
お車の移動方法
車検証上の所有者
車検証で所有者を確認
年式
車検証で年式を確認
型式(任意)
車検証で型式を確認
※高額査定できる場合もあるので正確に入力してください。
お車の状態

※故障車・事故車の場合は備考欄にお車の状況を分かる範囲でご入力ください。
お車の駐車場所
備考欄(任意)
残り500文字
車検証の写真を貼付(任意)
正確な見積もりをご希望の場合は車検証の写真をお送り下さい。

※1日以上返答がない場合はメールアドレスの入力間違いが考えられます。
お手数ですが、再入力又は ・お電話(0120-396-813)にてお問合せください。

個々のお車に応じて、廃車買取金額、必要書類・税金の還付金額をご案内します。
買取り希望のパーツがあれば備考欄にご記入ください。
※過去に弊社をご利用されたことがある方には特典をご用意していますのでお申し出ください。

事故車の場合はこちらから写真をお送りください。

お客様の個人情報は弊社からの情報提供のみに利用いたします。 » 個人情報の取り扱い

1台、1台丁寧にお見積りしていますが、限られた人数で対応しています。
『過去に当社を利用された方』やその方から紹介されたを優先的にご対応いたします。
単に『買い取り価格を知りたい』だけでのお問合せはご遠慮ください。


『放置自動車』は専門的に対応します。こちらの見積りフォームをご利用ください。