車を廃車すると費用・手数料がかかる?

廃車買取り・手続き・引取り専門店 ビッグエイト
フリーダイヤル 0120-396-813

月~土 9:00-17:00 / 日・祝 休み

お見積もりフォーム LINE無料査定

車を廃車すると費用・手数料がかかる?

車を廃車する費用ですが、本来ほとんどの廃車は買い取りしてもらえます。
なぜなら、車は鉄・アルミ等の資源として、エンジン・足回り部品等が中古部品として、特に外国での需要があるからです。
しかし、一部の車では、『資源・部品としての価値<廃車費用』となり、廃車にお金がかかることがあります。

車の廃車に必要な費用(経費)

車を廃車するには、車を引き取りしてもらい、解体し、抹消手続きを行なうため廃車買取業者の立場からしたら、これらの作業にはお金がかかります。

廃車の引き取り費用

レッカー業者を手配して車を移動しようとすると、一般的には数万円からのレッカー代が発生します。
昨今、多くの地域で引取費用無料となっています。ただし、都市部等、往復の引取り時間がかかる地域)では陸送費用をいただく場合がございます。

車の解体費用

車の解体は各都道府県の許可基準をクリアした工場を持つ解体業者でないと行なうことができません。
また、中古部品として再利用するには、どうしても人の手で分解する作業となります。
ただし、極端に鉄・アルミ等の相場が下落している、部品を外して欲しい、リサイクル料金が預託されていない等でない限り、解体費用をいただくことはございません。

廃車手続き(陸運局・軽自動車検査協会での抹消登録)の費用

当社では、引き取りした車を当社へ名義変更した上で、陸運局での廃車手続き(抹消登録手続き)を行ないます。これによって、自動車税の支払いが止まり、車検が残っていればその期間に応じて、還付金を受け取ることができます。
陸運局での抹消手続きには印鑑証明書、実印等が必要となります。
廃車の当日までに書類が揃わない場合は、後日書類を郵送してください。

全国どこのナンバーでも4,000円の手数料で、陸運局での廃車手続きだけでなく、以下の手続きを行います。

陸運局での抹消手続き 証明書のコピーを10日以内にご自宅にお送りします。
重量税の還付手続き 車検の残り有効期間分を弊社が買取りします。
自賠責保険の解約手続き 残り有効期間分を弊社が買取りします。
自動車税の還付手続き 廃車した翌月以降の税金が戻ってきます。
解体証明書の発行 必要な方のみ。 この書類で抹消手続きができなくても自動車税の支払いを止める事が出来る場合があります。
» 廃車手続きに必要な書類の詳細

ご自分で手続きする場合、当社への手数料は無料ですが、印紙代(以下参照)や交通費(陸運局は交通の便が悪いところが多いです)が発生し、重量税や自賠責保険の還付手続きもご自身でしていただきます。

普通車の印紙代は、一時抹消登録(転入抹消)で850円、
永久抹消登録(転入抹消と登録事項等証明書の発行を含む)で800円です。

軽自動車の印紙代は、一時抹消登録(転入抹消)で350円、
永久抹消登録(転入抹消)で300円です。

車の処分費用が発生するのはどんな時?

以下のようなケースでは
廃車の資源・部品としての価値 < 廃車費用
となり、廃車にお金がかかる可能性が高くなります。

自動車税が未払い

自動車税が未払いでもお車の廃車処分や抹消登録手続きも可能です。
特別な廃車費用は発生しません。
抹消手続き終了してから1~2ヶ月後に、自動車税事務所から納付書が印鑑証明書の住所に送られてきます。その時点で自動車税をお支払いください。
例:7月に廃車した場合、4月~7月までの4ヶ月分の請求書が9月頃送られてきます。
» 自動車税が未納で廃車する場合

リサイクル料金が未払い

リサイクル料金が施行されたのは平成17年1月からです。
それ以前に車を購入された方の場合、リサイクル料金の一部が未預託の可能性がございます。
リサイクル料金の預託状況はご自身でも確認できます。自動車リサイクル料金とは

ナビ・オーディオ等の部品を外して欲しい

タイヤ・ホイール・ナビ・ETC等、「次の車に取り付けたいので、この部品を取り外してほしい!」といったご要望にもお答えしています。取り外しをご希望される場合にはお気軽にご相談ください。
ナビ・アンテナ・スピーカー等、配線が入り組んでいる場合、取り外しに時間がかかるため、費用が発生します。また、取り外した部品に不具合が発生しても補償しかねますのでご了承ください。
» 部品の取り外しと手数料の詳細

不動車のレッカー費用

故障車・事故車等で、お車が自走できず、タイヤの4輪が手で押しても動かない場合、別途の廃車料金が発生する場合がございます。不動車がどのような状態なのかLINE(等)で写真を送っていただければ無料でお見積りします。

単なるバッテリー上がりでしたら、別途費用はかかりません。お車のそばまで当社の積載車が近づけるかと、車を手で押せるか(タイヤの空気が抜けていると、大人の力でも動きません)をお知らせください。

車の鍵を無くした場合、ユニック車で釣り上げて積載車に乗せるか、ハンドルロックを解除(破壊)して積載車へ積み込む作業費用が発生します。

タイヤが無い場合、当社としては、タイヤを用意するか、ユニック車を手配して、引き取りします。駐車場の立地条件によっては、引き取り出来ない可能性もございますので、事前にご相談ください。

水没車で汚泥が車内にある場合、お車の買取りはできず、処分費用をいただくことになります。
場合によってはお引き取りできないケースもございます。事前にメールやLINEで車内の状況をお知らせください。

放置自動車で長期間(数年以上)車を置いたままにしますと、『バッテリー上がり』→『ガソリンが劣化』→『燃料ポンプの故障』→『タイヤの空気抜け』等で、車の引取りが困難になってきます。出来るだけ早い段階での廃車をお勧めします。

» 不動車の移動料金

除染作業が必要な車

大変残念なお話ですが、放射能で汚染された車が、その事実を隠ぺいされたまま、全国に転売されていくケースがございます。
もし、そのような車の場合、以下の措置を取らせていただく場合がございます。

  • 除染料金をいただく。
  • お車の引取り自体をお断りする。
  • 引き取ったお車を返品する。

先日は島根県でも除染が必要な車が発生しました。

車検証を紛失した

理由書の提出で廃車手続きを行なうため、
車検証の再発行の手続きは行わないませんが、廃車費用として3000円をいただきます。

車のローンが残っている。

ローン(残債)が完済されていれば、車検証上の所有者欄がディーラー・信販会社名義でも、別途の廃車費用は不要です。ただしご用意していただく書類も変わってきますのでご注意ください。
» お車の所有者がディーラー・信販会社の場合に必要な書類(所有権解除は弊社)

車検証の見方が分からない方はこちらをご利用ください。
» 普通車の車検証の見方  » 軽自動車の車検証の見方

ローンが残っていても廃車できる場合がございますのでこちらをご参照ください。

廃車費用を節約する

廃車費用を節約することで、『廃車費用<廃車買取り価格』とし、お金を払わずに、逆に廃車を買取りしてもらうことが可能になります。

廃車の引き取り費用の節約

自走可能な車で、車検が切れる前でしたら引取場所まで持ち込むことで、廃車費用を節約できるかもしれません。ただし、元々、引き取り無料の地域もございますので、まずは見積もりで確認することをお勧めします。

車の解体費用の節約

中古車買取りとは異なり、廃車買取価格は、鉄・アルミ等の資源の重さ、エンジンが動いているかどうかでほぼ決まります。
ナビ・オーディオ等でしたら部品を取り外しして、配線がむき出しのままでも買取り金額は変わりませんので、まずはご自身で試してみることをお勧めします。

廃車手続き費用の節約

ご自身で抹消登録手続きをすることでその分の手数料を節約できるかもしれません。
ただし、印紙代、陸運までの交通費、作業時間を考慮するとあまりお勧めできません。
廃車手続きをご自分でする場合を参考にしてください。

車の廃車費用を還付金で賄う

廃車するなら出来るだけ早く!です。
車を廃車することで、自動車税・重量税・自賠責保険の還付金が発生します。
特に自動車税を納付していない人は少しでも納付額を減らし、既に納付している人は、出来るだけ多くの自動車税・重量税・自賠責保険の還付金を受け取れるようにしましょう。

以下の自動計算を使用すると車を廃車した時の還付金(概算)を簡単に調べられます。

削除

4クリックで還付金をかんたん見積もり!

ビッグエイト マスコットキャラクター 電話番号の入力不要! 4つの質問に答えるだけで、自動車税等の還付金(概算)がわかります。
ブックマーク(お気に入り)で計算結果が保存されます。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
エスティマハイブリッドのお見積もり
排気量   車輛重量
 廃車予定日
  • 重さアイコン 重量税
    18,000
  • 保険アイコン 自賠責
    9,500?
  • 車アイコン 自動車税
    50,550?

計算結果サンプル 4つの質問に答えると還付金が計算されます。

買い取り実績

  1. X5 3.0(平成13年)を113,325円で買取。千葉県 H・E様より
  2. ハリアー(平成11年)を113,000円で買取。茨城県 M・Y様より
  3. ボクスター(平成10年)を101,000円で買取。東京都 M・K様より

※『買取り実績』には自動車税・重量税・自賠責の還付金が含まれています。

お見積フォーム

廃車買取り・廃車費用の査定をしてもらう

さきほど「ほとんどの廃車は買い取ってもらえます。」とお伝えしました。
しかし、鉄・アルミ等資源や外国向けの中古部品は、為替相場等の影響を受けやすく、価格が大きく変動します。

下記の見積もりフォーム・ライン等でお気軽にお問い合わせください。

0120-396-813

まずは無料見積りで廃車買取り査定額をチェック

黄色背景 は必ず入力してください。

お名前
メールアドレス
車名
その他車名:
車検の有効期限
車検証で有効期限を確認
廃車予定日
 ※おおよそで構いません
排気量
車検証で排気量を確認
陸運の抹消手続き
お車の移動方法
車検証上の所有者
車検証で所有者を確認
年式
車検証で年式を確認
型式
車検証で型式を確認
※高額査定できる場合もあるので正確に入力してください。
お車の状態

※故障車・事故車の場合は備考欄にお車の状況を分かる範囲でご入力ください。
お車の駐車場所
備考欄
残り500文字
車検証の写真を貼付(任意)
正確な見積もりをご希望の場合は車検証の写真をお送り下さい。

※1日以上返答がない場合はメールアドレスの入力間違いが考えられます。
お手数ですが、再入力又は ・お電話(0120-396-813)にてお問合せください。

個々のお車に応じて、廃車買取金額、必要書類・税金の還付金額をご案内します。
買取り希望のパーツがあれば備考欄にご記入ください。
※過去に弊社をご利用されたことがある方には特典をご用意していますのでお申し出ください。

事故車の場合はこちらから写真をお送りください。

お客様の個人情報は弊社からの情報提供のみに利用いたします。 » 個人情報の取り扱い

1台、1台丁寧にお見積りしていますが、限られた人数で対応しています。
『過去に当社を利用された方』やその方から紹介されたを優先的にご対応いたします。
単に『買い取り価格を知りたい』だけでのお問合せはご遠慮ください。


『放置自動車』は専門的に対応します。こちらの見積りフォームをご利用ください。

COMODO AUTHENTIC SITE SECURED BY SSL