廃車手続きに必要な書類

更正登録とは?

車検証の記載が間違っている

陸運局では名義変更や新規登録時に発行される車検証の記載内容に間違いがないかの確認をその場で申請者(中古車屋さん等)に求めます。
申請者は、車検証に記載された住所・氏名と印鑑証明書・住民票に記載された住所・氏名とを照らし合わせ、間違いがないことを確認します。
しかし、申請者がきちんと確認せず、誤った情報が記載されていることが稀にあります。


車検証に記載されている住所・氏名等が、印鑑証明書や住民票と異なる場合、個人なら住民票、法人なら履歴事項全部証明書をナンバープレートを管轄している陸運局に提出すれば、訂正された車検証が発行されます。
この手続きを『更正登録』といいます。
ただし、この手続きは印鑑証明書の住所を管轄する陸運局ではできません。


更正登録が必要な車検証で廃車手続きをする場合

当社では当該車両のナンバーを管轄する陸運局の近くの行政書士に『更正登録』の手続きを依頼し、手続き完了後、足立の陸運局で移転抹消手続きをします。
しかし、上記の手続きよりも早く解体作業が完了し、リサイクル促進センターに解体報告日が登録されている場合、名義変更が出来なくなるため、ナンバーを管轄している陸運局で、当地の行政書士に依頼して、お客様の名義のまま『更正登録』と永久抹消を同時に行ないます。

この手続きには4000円の手数料が別途発生し、手続き完了に20日前後要します。


更正登録に必要な書類

通常の廃車手続きの書類の他に以下をご用意いただきます。


<引越し無しの場合>

<引越し1回の場合>

<引越し2回の場合>

<手続きよりも先に解体報告日が上がっている場合>
※当社への名義変更ができず、重量税と自賠責を当社が買取りできないためです。
 約2~3か月後に上記口座に重量税還付金が振り込まれます。
 また、自賠責保険の解約はお客様ご自身でしていただきます。
自賠責保険の解約

上記の必要書類を印刷やお気に入りへ保管する際はこちらをご利用ください。

上記ページをブックマーク (も保存) 印刷