軽自動車の廃車に必要な申請依頼書

廃車買取り・手続き・引取り専門店 ビッグエイト
フリーダイヤル 0120-396-813

平日 9-18時 / 土曜日 9-15時 / 日・祝 休み

お見積もりフォーム LINE無料査定

申請依頼書とは

軽自動車の諸手続きを修理屋さんやディーラーさんに代行してもらう際に使用する書類です。いわゆる『委任状』のことです。普通車の諸手続きでは『委任状』が使用されますが、軽自動車の手続きではなぜか『申請依頼書』という用語が用いられます。普通車も軽自動車も同じ車ですから、一般ユーザーの利便性のためにも、用語も統一してくれればよいのに!と思えるのですが、「申請依頼書」「委任状」に限らず、同じような内容のものに別々の用語が用いられています。

申請依頼書が必要なケース・必要ないケース

申請依頼書は車検を通す場合や、名義変更・住所変更、廃車手続きなどを代行してもらう場合に限って必要な書類です。ご自身で手続きする場合には、軽自動車検査協会に備え付けられているマークシートに必要事項を記入しますので、「申請依頼書」は使用しません。

2020年までは申請依頼書の「所有者」「旧所有者」の認印が必要でした。これが昨今のハンコレス化の流れで認印の押印が不要となったため、手続きの依頼者と代行業者(受任者)とで了承が得られていれば、「申請依頼書」を軽自動車検査協会に提出する必要はありません。ただし、一般ユーザーと買取り業者との売買契約書の替わりとして「申請依頼書」を作成しているケースもございます。

軽自動車の申請依頼書の書き方

ここでは廃車手続きをする場合の申請依頼書の書き方について解説します。なお、軽自動車の場合、普通車で使用する「譲渡証明書」は不要です。


※申請依頼書の書式がうまく印刷できない方は、申請依頼書の書式(印刷用ページ)もお試しください。 もしくは、0120-396-813までお電話お願いいたします。


上記の見本の通りに記入していただきます。当社の場合、記入していただくのは「旧所有者」欄のみです。住所移転や氏名の変更があった場合でも、車検証の「所有者」欄に表示されている氏名・住所をそのまま記入します。気になる方は、車両番号や車台番号等を記入していただいても構いません。

先ほどご説明した通り、認印が不要になったため、書き損じた場合は二重線を引いて訂正していただくだけで大丈夫です。

なお、所有権解除を行う場合は以下の書類をご活用ください。
» 委任状(普通車の廃車、普通車・軽自動車の所有権解除に使用)

0120-396-813
電話番号不要・無料で廃車買取り査定額を簡単チェック!

車種

排気量

年式

車検期限

車両状態

駐車場所

廃車予定

» お車の買取価格をチェック!