廃車手続きに必要な書類

所有者が海外に居住し、住民票が日本にない場合、以下の書類が必要です

下記ページをブックマーク (も保存) 印刷

※下記の必要書類がすべて揃っていなくても車の引取り・解体はできます
陸運局での手続きや重量税・自賠責の還付手続きでは下記の書類が必要です。

特別にご用意ください

  • サイン証明書 写真

    単に「証明書」と記載されている場合もあります。
    外国での住所地の記載が無い場合は『在留証明書』も必要です。

  • 委任状 写真

    印の部分は本人の自筆、又は拇印、又はその両方(実印は不要)

    » 委任状(サイン証明書用)

  • 除票 写真

    車検証の住所地・出国直前の住所地・出国先の国名が記載されているもの。
    姓が変わっていれば戸籍も必要です。
    発行日から2ヶ月半以内。

  • 譲渡証明書 写真

    印の部分は本人の自筆、又は拇印、又はその両方(実印は不要)

    » 譲渡証(サイン証明書用)

  • 免許証 写真

    「弊社への依頼者」「車の所有者」「車の使用者」のどれか1部

    » なぜコピーが必要なの?
    ご用意できない場合

車内にあることをご確認ください

お車を購入してから引越しいていませんか?

「車検証に記載されている住所」と「印鑑証明書に記載されている住所」が違う場合

※現在自分が住居を置く国の日本大使館・領事館に出向き、大使館職員の目の前でサイン証明書を作成します。
ただし、大使・領事が不在の場合、証明書を発行してもらえない可能があ りますので、事前に連絡の上で出向いてください。
このサイン証明書が印鑑証明書の代わりになります。
委任状や譲渡証では、実印の代用として、この証明書と同じサインをします。

※陸運局では、外国での現住所を記載する必要があります。
メモ書きでも構いませんので弊社にお知らせください。


必ずご確認ください! 車検証の所有者はどなたですか?

車検証 拡大写真

「所有者」の印鑑証明書が必要です。
所有者が信販会社やディーラーの場合は所有権解除が必要です。
» 所有権解除をご自身で行なう場合
» 所有権解除を弊社に依頼する場合

上記ページをブックマーク (も保存) 印刷