廃車手続きに必要な書類

所有者が亡くなっている車を廃車する場合、以下の書類が必要です

下記ページをブックマーク (も保存) 印刷

特別にご用意ください

※中古車として再利用する場合と異なり、直近の親族1名が以下の書類をご用意ください。 直近の相続者とは、亡くなった方の「配偶者→親→子供→兄弟」の順です。

※下記の必要書類がすべて揃っていなくても車の引取り・解体はできます
陸運局での手続きや重量税・自賠責の還付手続きでは下記の書類が必要です。

※陸運局での廃車手続きまでに2週間前後かかることをご了承ください。

  • 印鑑証明書 写真

    (亡くなった方の戸籍に記載されている直近の相続者1名
    発行日から2ヶ月半以内

    » 印鑑証明書の取り寄せ

  • 印鑑証明書と同じ実印 写真

    委任状に押印します。

    » 実印をすぐに用意できない場合

  • 免許証 写真

    「当社への依頼者」「車の所有者」「車の使用者」のどれか1部

  • 戸籍謄本 写真

    亡くなった所有者と依頼者が親族関係にあることを証明する書類

    » 戸籍謄本の取り寄せ方法

  • 除籍謄本 写真

    戸籍謄本で所有者の死亡が確認できない場合

  • 銀行口座 写真

    車検が1カ月半以上あれば廃車時に印鑑証明書を提出した方の口座へ、国税局から重量税の還付金が振込まれます。

車内にあることをご確認ください

※印鑑証明について

亡くなった方からみて、戸籍謄本に記載されている「配偶者→親→子供→兄弟」の順で
直近の方1名の印鑑証明書と実印が必要です。

例:亡くなった方の配偶者が存命の場合、その配偶者の印鑑証明書が必要であり、
その子供の印鑑証明書では手続きできません。

なお、亡くなった方の印鑑証明書が発行日から3か月以内でしたら、廃車手続きに使用できます。


【陸運局での抹消手続きの流れ】

  1. 当社がお車を解体する。
  2. 解体した車の車名、車体番号、解体日等の情報を
    財団法人リサイクル促進センター(http://www.jarc.or.jp/)へ送る。
  3. 陸運局が上記促進センターからの情報を受け取る。
  4. 当社が、車検証に記載されている所有者の住所を管轄する陸運局で、
    手続きを行なう。(遠方では当社と提携している行政書士さんが手続きを代行)
  5. 抹消手続きが完了したことを証明する書類を当社が受け取る。
  6. 上記の証明書のコピーをお客様のご住所に郵送します。
    (備考欄に「永久抹消済」という文字が記載されていることを確認してください。)

※この①~⑥までに2~3週間前後かかります。

車検証の所有者の名義のまま、抹消手続きを行ないます。
以下の点にご注意ください。


【自動車税について】

当社が還付手続きの代行を行ないます。亡くなった方が自動車税を滞納していた場合、
名義変更や抹消手続きをすると、その納付義務も発生します。ご注意ください。


【自賠責保険について】

当社が手続きの代行を行なえないため、通常のお手続きと異なり、車両引渡時に自賠責相当額を買取ることができません。

自賠責保険の有効期間が残っている場合自賠責還付の手続きをお勧めします。
普通車は、ひと月につき、700円~1000円が戻ってきます。
保険の有効期間が残っていない場合や、還付金の受取るおつもりがない方は
特に手続きをしていただく必要はございません。


【重量税の還付金について】

当社が手続きを代行し、3~4か月後に、国税局からお客様の口座に振り込まれます
通常のお手続きと異なり、車両引渡時に重量税相当額を買取ることができません。


【任意保険について】

通常は電話一本で解約できます。手続きが伸びると、その分課金されますのでご注意ください。

上記ページをブックマーク (も保存) 印刷